アルバイト 派遣社員 キャッシング

働く力があるものはキャッシングが出来る!

結局のところキャッシングが出来るかどうかは、
本人に収入があるかないかが重要になります。

 

アルバイトやパートでも定期的に収入の見込める人であれば
返済能力があると判断されますが、
ニート(無職)や専業主婦ではキャッシング出来ないのが現状です。

 

電話での在籍確認が必要なのは、
消費者に借りたお金を返せる力と働く環境があるかどうかを見極めるためです。

 

アルバイトやパートとはいえ、在籍確認の電話は入ります。

 

正社員でも個人名で電話が掛かってくることは稀ですから、
キャッシングとは思われなくても心配されたり、怪しまれる可能性があります。

 

さらにアルバイトともなれば、電話が掛かってくることはより不自然なので
バレる可能性は高まるでしょう。

 

中には在籍確認の電話を違う方法にかえてくれる業者もあります。
参考⇒アイフルの電話での在籍確認まとめサイト

 

ちなみに、契約社員や派遣のバイトで仕事場に派遣されている立場の場合は
派遣先に連絡が入るのではなく『派遣元の会社』に連絡が入ります。

 

在籍確認は直接本人が電話を取って受け答えする必要はないので
派遣されている場合は、
事前に派遣会社にそのような連絡が入ることを伝えておく必要があります。

 

キャッシングの在籍確認だとバレたくないのであれば、
『クレジットカード作成のための在籍確認電話があります』と伝えておけば、
キャッシングだとバレることもありません。

 

アルバイト・パート、派遣社員が審査に通りやすい条件はこれ!

 

残念ながら、アルバイトや派遣社員は正社員に比べて信用度は低めです。
例え、稼いでいる額が同じでも肩書きは正社員のほうが上なのが現実です。

 

だからこそ、自分の働いている環境が悪くないことを証明しないといけません。

 

そこで少しでも条件を有利にするためには、以下のようなことが挙げられます。

 

  • 勤務年数が長い
  • 収入が安定している

 

勤務年数は地道に伸ばしていくしかありませんが、最低でも1年以上は欲しいところです。

 

また、バイトでもレギュラーでコンスタントに働いていて毎月の収入が一定であるほうが良しとされます。

 

やっぱりアルバイトやパートだとあまり大きな額は借りられない...

 

アルバイトやパートだと、やはり大きな額を借りるのは難しいです。

 

なので、希望額を大きくしておくと審査に落ちる可能性も高まります。

 

最高でも50万円以下にして希望を出しておいた方が審査には通りやすくなるでしょう。