総量規制 キャッシング

キャッシングの審査を通ったとしても、希望額が全額借りられる訳じゃない!

電卓

キャッシングの審査に通ったとしても、
希望額が全額借りられる訳ではありません。

 

貸金業法で『総量規制』というものがあります。

 

総量規制とは、借入金額の総額が年収の3分の1までに制限される決まりです。

 

たとえば、年収300万円の人が200万円借りたい!と思っていても
消費者金融から借りるには頑張っても100万円という限度があるのです。

 

また、総量規制は一社から年収の3分の1借りられるわけではなく、
全消費者金融から借りている金額の総額が年収の3分の1以下でないといけないのです。

 

でも、全消費者金融と言っても他社だったらバレなくない?と思いませんか?

 

実は、確実にバレるんです。

 

過去、現在の借入状況は「信用情報機関」に管理されている

 

資料

なぜかと言うと『信用情報機関』というところで、
キャッシング利用記録は管理されていて、
審査の時に必ず業者から信用情報機関に問い合わせが入るからです。

 

他の消費者金融から借りていたとしても、
一瞬で個人の借入情報が閲覧されてしまうということです。

 

しかも、過去に返済の延滞をしていたり、
手当たり次第にキャッシング会社に審査のお願いをしている履歴も残るので、
金融事故や多数に借入の申し込みをしていると、どんどん審査に通りづらくなる可能性があります。

 

逆に過去に借入の経験があっても、期日通りに返済を行っていた場合は信用度が上がり
審査に通りやすくなるとも言われています。

 

ちなみに銀行は総量規制の対象外

 

銀行は貸金業者ではないので、貸金業法の対象外になり総量規制の対象外です。

 

もし銀行からの貸付に総量規制が適応されたら、
ほとんどの人が住宅ローンなんて組めないですからね(汗)

 

じゃあキャッシング出来なくなったら銀行から借りたらいいのか!
というとそういうわけでもないです。

 

銀行の審査は消費者金融の審査よりもジャッジが厳しめなので、
キャッシング会社に何社申し込んでも審査に落ちているような人だと
おそらく銀行からの融資は期待できないでしょう。

 

結局のところ、年収に見合った金額しか借りられない。

 

どれだけキャッシング会社や銀行に問い合わせても、
返せる見込みのない人には大きな金額を融資してくれる会社はありません。

 

たとえ審査に通ったとしても、月々コツコツと返済していける現実的な額でないといけないのです。

 

また、無駄に業者へ申し込みするのはおすすめできません。

 

『申込ブラック』と言って、多数の業者にたくさん申し込んでいると、
あっちでもこっちでも借りないといけないくらいお金に困っていると位置づけされ、
返済が見込めないんじゃないか?と考えられて評価が下がります。

 

ですから、キャッシングをしたいと思った時は一社に絞って、
希望する額も自分の返済出来る現実的な金額を提示するようにしておきましょう。

 

★アイフルの電話での在籍確認まとめサイト★トップページに戻る