節約してたけど旦那はアイフルでキャッシングしてた

夫の転職と私の出産を機に節約開始

私が二人めの出産を控えていたころ、旦那がいよいよ仕事に対して弱音をはくようになりました。

 

妊娠中

 

聞いているこっちが頭おかしくなりそうなほどのブラック企業で勤める旦那。
以前から、辛いなら辞めるように言い続けてきたので、驚くこともありませんでした。

 

しかし、一人目を出産時に私は退職しており、
そのまま専業主婦をしていたため不安はありました。

 

旦那は仕事を辞めることが決まり、次の仕事も幸いすぐに決まりました。

 

仕事

 

しかし、最初の3か月間は試用期間。
以前の会社と比べ、10万以上も低かったのです。
これは節約しなげれば、やっていけないと思ったのです。

 

まずは、光熱水費の見直し。

 

今までは気にはしてませんでしたが、細かくきをつけることにしました。
夏場で子供もいるため、日中クーラーをつけないわけにはいきません。

 

ですが、電気代を考えて、毎日出かけることにしました。
図書館や児童館、実家などで過ごしました。
実家に戻ると、夕食をご馳走してもらえたり、野菜をくれたりと食費も浮きました。

 

毎日出かけることで、電気代が毎月7000円から4000円となりました。
ガスも水道も気をつけることで、少し浮かすことが出来ました。

 

次にしたものは、お互いのお小遣いをなくすことです。

 

節約前は、旦那がタバコも吸うし、接待などもあったため月4万円。
私が月2万円でした。

 

これを完全撤廃しました。

お金なし

 

新しく通帳とカードを作ります。
カードを旦那に渡し、通帳を私が持っておきます。

 

お給料から、月々の光熱水費、家賃、食品、保険代、
貯金分、その他諸々を引いたお金をその新しい口座に入れます。

 

その口座のお金を2人のお小遣いとして、共有します。

 

必要な時に、お互いが持っているカードなり、通帳なりでおろすのですが、
自分ばかりが使うと、相手のお小遣いが減ってしまうと考えると、無駄遣いはしなくなりました。

 

結果的に、今まで2人合わせて6万円だったお小遣いは口座に3万円入れて、
それで間に合うようになりました。

 

お給料が出たら、残った分は貯金に回します。
このお小遣いの工夫は、
私たち夫婦にはとても合っていたみたいで、お互いストレスなく進められました。

 

次により安い賃貸に引っ越しをしました。

 

利便性は悪くなりましたが、お互い車もあったため、苦ではありませんでした。
部屋も新しく、一部屋増えてむしろ良いことの方が多かったです。

 

肝心の家賃は、2万円6千円やすくなりました。
思い切って引っ越しをして良かったです。

 

そうこうしているうちに試用期間を終えることが出来、
その期間さほどお互いピリピリせずに過ごせました。

 

節約は、一人で頑張るとイライラしたりするのでしょうが、
今回お互いが協力したことで上手くいったのだと思います。

 

知らぬが仏!旦那は節約中にも関わらずキャッシングしていた!

 

ただ、後から分かったことですが、
どうやら旦那は試用期間中、キャッシングを利用していたようで、
そのおかげでお小遣いが節約できたみたいです。(笑)

お小遣いゲットしてた旦那

 

結果的にはその時借りていた分もすぐ返済出来たし、
ケンカなく過ごせたので良かったなと思います。

 

知らぬが仏ってやつですね!(笑)

 

ちなみに旦那が借りていたのはアイフルで、
在籍確認を電話連絡ではなく、書類で審査してもらったみたいです。

 

さすがに試用期間中に会社に在籍確認の電話が入ったらまずいですもんね…

 

アイフルさんにはわたしからもお礼を言いたいくらいです。

 

アイフルの電話での在籍確認まとめサイトのトップに戻る